Wotofo SERPENT SMM RTA(サーペント)レビュー

wotofo serpent smm レビュー

どーも!
今回はWotofoより発売されている、SERPENT SMM RTAのレビューです。

登録者数17万人を超える人気VAPEチャンネル『Suck My Mod』を運営する海外YoutuberMattさんとのコラボということで期待が高まります。

数多くのVAPE商品をレビューしてきた経験を武器に商品企画するということでとても楽しみです。

 

早速レビューしていきたいと思います。

serpent smm 全体

Wotofo SERPENT SMM RTAのパッケージと内容品

serpent smm package

SERPENTシリーズの箱はどれもかっこいいんですよね。

今回のSMMもシンプルな箱ですけど外観かっこいいです。

serpent smm package 2serpent smm package 3

付属品一覧

・SERPENT SMM本体(もうリキッド入れて使ってます)

・510規格ワイドドリップチップ

・予備ガラスタンク2個

・予備Oリング一式、予備ネジ

・コイル

・コットン

・プラスドライバー

serpent smm contents 1 serpent smm contents 2 serpent smm contents 3

内容品は一通りのものが入っています。

個人的に好印象なのは、予備ガラスタンクが2個入っていること。

結構割れてしまうことがあるので2個はうれしいですね。

付属のドリップチップですが510規格のウルテムワイドドリップチップです。

Wotofo SERPENT SMM RTAのスペック

 

・リキッド容量:4ml

・サイズ:Φ24.2mm×45.5mm

・重さ:36.5g

・ドリップチップ:510規格

・コイル:シングルコイル

・リキッドチャージ:トップフィル

・エアフロー:ボトムエアフロー

 

リキッド容量が4mlあるので十分なリキッドを保持できます。

サイズはΦ24mmあるので、pico等には乗らないのが残念なところです。

 

シングルコイル仕様で、ビルドは非常にやりやすいです。

リキッドチャージもトップフィルなので手を汚すことなくできます。

 

エアフローはボトムエアフローです。

調整は無段階調整ができますので自分の好みに応じてセットすることができます。

Wotofo SERPENT SMMの詳細レビュー

分解してみるとこんな感じです。

serpent smm 分解

ドリップチップの規格は510。

ウルテムのドリップチップ
serpent smm 上から
serpent smm ベース

Serpent SMMのデッキは数多くあるRBAの中でもお気に入りのデッキです。

とてもシンプルなシングルコイルデッキ。

 

ポストが二つあり、穴がそれぞれ2つずつあります。

ネジがポストの上部にあります。

シングルコイルなのにポスト穴が4つあり、ワイヤーがどっちの方向に向いていても大丈夫なので、コイルのインストールがすごくやりやすい造りです。

serpent smm ビルドデッキ 1

ビルドはやりやすいのですが、ポストホールがが少し狭いので、若干コイルの種類を選ぶかな〜っと感じました。

穴が小さい分、小さめのコイルが向いているのですが、だからと言ってMTLタイプのタンクではないので少し中途半端ですね。

serpent smm ビルドデッキ 2ウィッキングは非常に簡単です。

GTAスタイルのタンクなので若干長めにコットンを垂らすといいでしょう。

serpent smm ビルドデッキ 3

今回はSINUOUS P80にセットして使ってみます。

リキッドはJAM MONSTERのストロベリーをセッティング。

 

◎付属コイルで使った場合

付属のコイルの焼き入れが終わって抵抗値を確認すると、0.2Ω。

最近の付属コイルはどんどん抵抗値が下がっている気がします。

爆煙で使うのがいいようですね。

 

早速吸ってみます。

おぉ、爆煙なのに味がしっかり出ますしスピットバックもありません。

普通にRDAでビルドして吸っているような感覚です。

 

ただ何度か吸っているうちに気付いたことですが、燃費があまりよくありません。

リキッドの消費がものすごく速いです。

さすがは0.2Ωの爆煙仕様というところでしょう。

 

消費の激しさに眩暈がしましたのでセッティングを変更します。

ただこれだけの燃費の悪さと爆煙なのに、味がすごく出ていてこれはすごいことだなと思います。

 

◎再ビルド クラプトン26+32GA 0.6Ω

このセッティングなら多少は燃費もよくなるかと思いトライ。

早速吸ってみます。

味は相変わらずすごく出ていて、ホントおいしいです。

 

燃費の悪さも多少は改善されています。

このセッティングでも十分満足できます。

 

さらに抵抗値をあげて爆煙仕様ではなく、味を重視したセッティングにしてみます。

 

◎再々ビルド カンタル A1 24GA 1.2Ω

カンタル単線でも試してみたいと思いこんなセッティングになりました。

ここまで抵抗値をあげたので燃費はよくなりそうです。

 

吸ってみます。

味の変化をあまり感じません。

最近は低抵抗値で味が出るのだなとあらためて再認識します。

 

煙量はだいぶ少なくなりました。

燃費はかなりよくなりました。

ただ味の変化を感じなくてホントびっくりしています。

 

Wotofo SERPENT SMM RTAのまとめ

RTA、タンクアトマイザーでありながらRDAなみの味の出方、ビルドのしやすさ、なにをとってもハイクラスアトマイザーにひけをとりません。

24mmという大きさを気にならない人(25mmぐらいまで乗るMODある人)なら十分に満足できるアトマイザーだと思います。

 

 

DL向きなので、MTLで吸う人には向きません。

エアフロー調整があるのですが少し開くとDL向けのエアーの出方になってしまいます。

MTLの方には別のアトマイザーをおすすめします。

 

DL運用の方にはぜひともおすすめしたいRTAです。

wotofo serpent smm black

◎注意点

使用していて気付いたことがあります。

エアフローの下部から多少蒸気漏れがあるようで、アトマイザーを外してみるとMOD本体に水がつくことがあります。

なので時々アトマイザーを外して拭く必要があります。

 

wotofo serpent smm レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です