GeekVape Aegis 100W TC Box MOD(ギークベープ・イージス)レビュー

どーも!

今回はGeekVapeからリリースされたAegis 100W TC Box MODを見ていきたいと思います。

 

GeekVapeといえばGriffinAmmitTsunamiなど人気アトマイザーシリーズを連発でヒットさせてきました。

最近ではメカニカルMOD「Karma Mech Kit」や「Tsunami Pro Mech Kit」のキットなどのメカニカルキットも調子がいいです。

 

今回GeekVapeはゼネラルマネージャーでチーフデザイナーでもあるジャスティン氏が初めてデザインしたボックスMODを発売開始しました。

それがGeekvape Aegis 100w TC Box Modです。

 

丈夫な作りがウリで、防水性、耐衝撃性という特徴を備えています。

時計のGショックみたいなコンセプトですね。

 

それでは特性や仕様内容をご紹介しましょう。

スペック

 

・シングルバッテリー26650/18650(別売り)

・最大出力ワット数:100W

・最大出力電圧:9V

・最大点火時間:10秒

・温度管理機能:Ni200ニッケルワイヤー、チタン、ステンレス鋼、TCR

・バイパス、VPCモード

・材質:アルミニウム、亜鉛合金、シリコン

・ファームウェア:アップデート可能

・30mmアトマイザー装着可能(突き出ない)

・最小点火オーム抵抗:0.05オーム(TC)、0.1オーム(VW)

・防水性、耐衝撃性

・瞬時点火時間:0.015秒

・その他安全機能付き

・付属品:マニュアル、18650用アダプター、シリコンフィルム、予備のネジ

パッケージ

とても固くて丈夫な作り、通常のデバイスやアトマイザーと違うことがすぐに分かります。

表面はGreekVape Aegis本体が見えて、裏面には説明が書いてあります。

パッケージをスライドして開けてみるとデバイスにお目にかかります。

パッケージの中身は18650バッテリーアダプター、使用マニュアル、予備のシリコンフィルム、予備のネジ、マイクロUSBケーブルが入っています。

このデバイスは26650バッテリーを使用するようになっていますが、おなじみの18650を使いたい場合は、このアダプターを使いましょう。

USBポートはMODの上部にあります。

カバーがされてあり、ネジで固定されています。

アップデートの際はこれを取り外して使います。

GreekVape Aegis本体

重さは軽くはないですがとても頑丈な作り、戦車のような丈夫さがモチーフなのでちょっとやそっとじゃ壊れなさそうです。

デザインはエルゴノミクスでとても持ちやすいです。

外側にはシリコン、革、メタルの材質が用いられており、角も滑らかなカーブで手触り感がよく、手に持った時の感触がかなりいいです。

アトマイザーの直径は大きめの30mm。

大きいサイズのアトマイザーは最近主流になりつつあるので、最近人気の大きめのアトマイザーと相性がいいですね。


左には26mmのGovad RTAを載せ、右には24mmのMesh RDAを載せてみました。

どっちもバランス良くいい感じです。

バッテリー収納部のカバーはネジ込み式で開けないといけないので、サイズも大きくて簡単に回して開け閉めできますが、ちょっと面倒かもしれません。

Oリングで完全密閉されていて防水性を保っています。

メタルの部分にGreekVapeのロゴとAegisの名前がついています。

パフボタンは親指をボタンの上で休めて押せるような感覚で、クリック音が心地よいです。


全体的に、この高品質な作りには好印象を持ちました。

重さがちょっとあるのが難点ですが、それでも手に持った感触はとても良いです。

仕様

Geekvape Aegis 100w TC Box Modは26650バッテリー仕様となっていますが、18650も使えるようアダプターが付属で付いています。

電源オンはパフボタンを5回クリック、電源オフも同じ5回クリックです。

電源をオンにすると、ライトが数回フラッシュして、それからメニュースクリーンが表示され、現在設定されているワット数、モード、コイルの抵抗値、アンペア数、ボルト数、パフの回数が表示されます。

 

パフボタンを3回クリックすると、それぞれの設定が変更できます。

ファンクションボタンを右と左にクリックして設定を変更します。

このデバイスは温度管理機能付きでNi200ニッケルワイヤー、チタン、ステンレス鋼にも適応TCR機能も搭載されています。

ワット出力曲線モードとバイパスモードも付いています。

 

温度管理機能では、例えばTCモードでステンレス鋼に設定すると、使用されているTCR値を表示してくれます。

メニューシステムは至って簡単、スクリーンも簡単に読めて、画面がちょっとだけ明る過ぎますが、初心者から上級者まで使えます。

サイズは明らかに他のシングルバッテリーMODに比べると大きいですが、かなり大きいということではありません、男性ならポケットの中に入れても持ち運びはできるでしょう。

重さも重めですが、すぐに使い慣れてきます。

 

18650のバッテリーを使用する場合は当然軽めですが、26650を使用するとバッテリーの持ちが良いです。

軽さをとって18650を使うか、バッテリーの持ちを考え26650でいくかはそれぞれの好みになるでしょうね。

 

そして一番の特徴なのが防水性、水でデバイスを洗っても、水の中に落としても問題ありません。

ちょっと大きめサイズで重めですが、使い心地は最高です。

性能

最大出力ワットは100Wなので、高いワット数を求める人にはあまりお勧めできないかもしれません。

100W以下で使用するには最適です。

最大電圧出力は9V。

 

温度管理も抜群、TCRを調整できるので、好みの材質のワイヤーに簡単に切り替えできます。

パフボタンを押してからの立ち上がりが遅いとがっかりですが、Aegisはパフボタンを押すとすぐに点火、加熱してくれます。

この早い立ち上がりは嬉しいですね。

 

バッテリーですが、EFESTの26650を使用してワット数を高めの80W以上に設定して使った場合、バッテリーの寿命はまるっと1日持つことはありませんが、45Wから60Wで使った場合は1日持ちます。

 

<長所>

・丈夫で高品質な構造

・防水性、耐衝撃性

・使いやすい

・26650と18650両方使える

・30mmのアトマイザーが突き出らずに使える

・瞬時点火

 

<短所>

・重量が重い

・サイズが大きい

・バッテリーキャップがねじ込み式

 

まとめ

Geekvape Aegis 100w TC Box Modは丈夫な作りに素晴らしい機能付きで使い方も簡単、Aegisはまたファン層を増やしていきそうですね。

発売してすぐVAPE STEEZでも取り扱いを始めましたが、入荷するたびにすぐ売り切れが続く人気で注目度の高さを感じます。

重い、大きいなど短所ももちろんありますが、快適に簡単に使用できて楽しめることが一番だと思います。

 

なんといっても防水性、耐衝撃性の機能がついたMODは他にはないのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です