Ploom TECHプルーム・テックの特徴と人気の秘密

今回はプルームテックの特徴と人気の秘密、ということで今大人気の電子タバコプルームテックについてその人気の秘密を考察していきたいと思います。

現在、近年の国際的な禁煙ブームに乗って新世代のクオリティの高い電子タバコが続々と発売されています。

その中でも今回紹介するプルームテックの愛煙者からの評価と、限られた販路であるにもかかわらず口コミで広がっているその普及率は目を見張るものがあります。

 

その理由について詳しく記述していきたいと思います。

1.プルームテックは煙が出ない

プルームテックの最大の特徴は、喫煙者にニコチンを摂取させつつ害のある副流煙を出すことが無い、というのが最大の特徴となっています。

タバコを吸う人間と、タバコを吸わない人間との共存を掲げるJT独自の工法、タバコペイパーテクノロジーはタバコの葉を直接加熱することなくリキッドから発生する蒸気がタバコのカプセルを通過することで香りや味、ニコチン成分を蒸気に乗せて吸い込むという仕様になっています。

 

通り火などを使うことなく、直接蒸気がタバコ成分を通っていくので香りや味の輪郭がはっきりしていて、スッキリとした味わいが特徴的です。

つまり、プルームテックは喫煙というくくりですらなく、蒸気を吸うという扱いになります。

 

副流煙を出さずにタバコの煙と同じ成分を吸い込むことができ、しかも電子タバコなのでもちろんタール成分はカットされています。

火が使われていないということは、灰が出ずに灰皿の設置やゴミ箱も必要が無いということになります。

 

今後、プルームテックの普及と、愛煙家のスタンスによっては公共の場においての喫煙のルールが変わっていくことも予想されるほどの特徴を持つ、未来のタバコであると言えます。

2.途中で喫煙を中断することが出来る

社会人の方は特に、職場の兼ね合いなどでは急な呼び出しや名指しでの電話対応などで喫煙を中断せざるを得ない状況が多々あることかと思います。

プルームテックはそう言った状況の時にカードリッジやカプセルを無駄にすることなく次の喫煙の機会までその状態をキープすることが出来ます。

 

プルームテックはカードリッジを購入すると、5つのカプセルが付いてきます。

このカードリッジ一つでちょうど5つのカプセルが消費できるのですが、この一つのカプセルで50回まで吸うことができ、秒単位に直すとちょうど100秒吸うことが出来ます。

5つのカプセルと聞くと、少し物足りないように感じるかもしれませんが、都合250回、500秒喫煙できるというスペック自体は、市販されている100sタイプのロングタバコのちょうど20本分に相当するのでコストパフォーマンス的には悪く無いのです。

 

それに加えて、これもプルームテックの大きな特徴の一つなのですが、なんとカードリッジを吸っている時にだけ電源が入る仕様になっているので、途中で吸うことをやめても、1カプセルあたりの50回、100秒喫煙のカウントは止まった状態となります。

これが忙しい社会人や、デスクワークなどでPCに張り付いている人、作業の合間に一口だけ吸いたい人などに絶大に支持されている特性です。

 

20本入りのタバコですと、火をつけてしまうと吸おうが吸うまいが減っていく一方ですが、プルームテックに変えてみると、いかに火をつけてから無駄に吸わない時間を過ごしていたかに気づかされます。

コストパフォーマンスでいうとその点ロングタバコのそれよりもはるかに優れていると言えるでしょう。

3.他の電子タバコと比べても臭いが全然しない

実際のところ、非喫煙者が気にするのは副流煙云々のことよりも、もっと実際的な臭いでのことだと思います。

喫煙者へのクレームのおよそ70パーセントがこの喫煙への臭い関連だとされています。

他の電子タバコも臭いに関してはかなり抑えられてはきているのですが、いかんせん火を使ってしまうとタバコの臭いからは離れることが出来ても、独特の焦げ臭さみたいなもので違和感を感じさせてしまいます。

 

その点プルームテックに関して言えば、やはり直接火を使っていないこと、タバコの葉を加熱させていないこと、この点において他のどの電子タバコよりも優れていると言えるでしょう。

妻や子供がタバコの臭いを嫌がる、オフィスで同僚に煙たがられる、そんな心配がなく喫煙が出来るというのは自分にも周りにもストレスフリーな環境を作る事が出来る最良の選択と言えます。

4.タバコらしからぬデザイン性

見てもらうとわかるとは思いますが、シンプルでタバコには見えないデザインのプルームテック。

体への悪影響、周りへの配慮のためか女性にも多くの支持を得てきています。

 

しかもバッテリーを背負っているにもかかわらず、総重量16〜17グラムほどとかなり軽量になるように設計されています。

これはもともと女性自身がターゲットに入っていた事と、吸っている時間しかカウントされないプルームテック独自の設計の所以、逆に言うとチェーンスモーカーにもストレスを与えない設計になっていると考えられます。

 

他にも愛煙家から支持を得ている理由に、ニコチン感をかなり感じるという声が多く聞かれます。

蒸気が直接ニコチン成分を通るので、軽い口当たりにも関わらずエッジの効いたタバコの味を楽しむ事が出来る点が高く評価されているようです。

5.三種類の味が楽しめる事とスターターキットの安さ

最近発売されている近代化された電子タバコは、そのクオリティもあって本体代が高く設定されている事が多いのですが、プルームテックは本体代だけで言えば定価4000円です。

しかもキャンペーンを使うと2000円で手に入れる事でき、その敷居の低さも相まって人気を博しています。

 

そのほか三種類の味がリリースされていて、それぞれカードリッジ1つにつきカプセルが5つ付いて460円になっています。

味に関しては、メビウスレギュラー、メビウスクーラーグリーン、メビウスクーラーパープルが現時点ではリリースされていてレギュラーはベーシックな喫煙感を楽しめ、クーラーグリーンは紙タバコよりもさらに鋭いメンソール感を味わう事が出来ますし、クーラーパープルは今流行りのフルーツフレーバータイプのベリー感漂う後味を味わう事が出来ます。

レギュラー以外は、さらにタバコの臭いや後味から遠ざかっているので、ニコチンを摂取したいが臭いが髪の毛や服に付くのをできる限り避けたいと思っている女性にオススメです。

 

プルームテック自体は現在、通信販売での購入に限定されていますので、スターターキットの代金プラス送料プラスカードリッジアンドカプセルの代金となりますが、カプセルを三種類購入したとしても総額5000円程度でそろってしまう計算になります。

充電自体も空の状態から満タンまで1時間半ですので、外出前に充電しておく事で一日の喫煙に差し支える事なく使用できるでしょう。

 

なお、充電自体もUSBのチャージャーが付いてくるので、スマホの充電ついでに気軽に平行コンセントから充電する事が出来ます。

こういった様々な使用感と、間口の広さ、敷居の低さが幅広い層から支持されている理由といえます。

まとめ

今回はプルームテックの特徴と人気の秘密、として記述してきましたが参考になりましたでしょうか?

現在紙タバコを喫煙されていて、電子タバコに乗り換えたいと思われている方は、ぜひプルームテックで電子タバコデビューをしてみてはいかがでしょうか?

実質、健康への悪影響も減りますし、周囲への配慮こそが喫煙者の生き残る道になっていくのではないでしょうか。

 

VAPE STEEZではPloom TECHよりもさらに高性能な電子タバコiCare140 KITとPloom TECHに対応したドリップチップPLUS TIPのセットを販売しています。

このセットがあればPloom TECHも楽しみながらリキッド式電子タバコとしても十分楽しめます。

本家Ploom TECHよりも安いので断然おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です