RBAとは?RTA、RDTA、RDAの用語解説

RBAとは?RTA、RDTA、RDAの用語解説

電子タバコを始めるといろんな聞きなれない用語を耳にすると思います。

RBA、RDA、RTA、RDTAって何?多分アトマイザーなんだろうけど、一体何なんだろう?と感じる方向けに今回はリビルダブルアトマイザー(RBA)についてまとめてみました。

 

「リビルド(Rebuild)」とは、「作り直す」という意味です。

リビルド式アトマイザー(RDA、RTA、RDTA)は全て「R」で始まっていますが、Rは「リビルダブル(Rebuildable)」つまり「自分でコイルを作り直す」という意味です。

 

「ビルドする」って表現も聞いたことがあるかも知れませんが、これはつまりコイルを巻くことを指します。

リビルドとはつまり何度もビルドすることができることであり、リビルダブルアトマイザーとは何度もビルドができるアトマイザーということです。

 

それではリビルダブルアトマイザーの種類についてご紹介しましょう。

RBAとはコイルをビルドできるアトマイザーの総称

RBAは「ReBuildable Atomizer(リビルダブルアトマイザー)」の略です。

ユーザーが自身でコイルを手巻きしそのコイルにウイックを通す(=ビルドする)アトマイザーの総称です。

ビルドすることができるアトマイザーにはいくつかの種類があります。

RBAの種類

RDA:タンクがないタイプのRBAアトマイザー
RTA:タンク内にビルドデッキがあるRBAアトマイザー
RDTA:タンクの上にビルドデッキがあるRBAアトマイザー

RDA、RTA、RDTAは全てRBAの中の1ジャンルだということなんですね。
このRDA、RTA、RDTAはどのようなアトマイザーなのかこれから一つづつ解説していきます。

RDAとはタンクがないタイプのRBAアトマイザー

RDAは「Rebuildable Dripping Atomizer(リビルダブル・ドリッピング・アトマイザー)」の略です。

RDAはタンクがないことが大きな特徴と言えるでしょう。他のRBAと同様にデッキにポストがありそれにコイルをセットしてバッテリー(MOD)に通電させ、コイルを加熱するというものです。

デッキはネジ式かOリング付きスライド式のキャップで覆われています。

RDAはリキッド用のタンクがないので、リキッドボトルから1滴ずつ直にキャップを外したコイルやウイックにドリッピングして楽しむ作りになっています。

それゆえにRDAの別称としてドリッパーとも呼ばれます。

1ml以下のリキッドを溜めることができるウェルがコイルの下部に作られているデッキもあります。

 

RDAといえば、純で凝縮された味を楽しめるというところが大きな特徴です。

味を楽しむならクリアロマイザーよりもRDAのほうが断然良いでしょう。

 

抵抗値(0.05〜0.2Ω) を低く設定し、デュアルコイルでビルドし、100Wオーバーでベイプしたら、初心者にとっては驚くようなミスト量がでます。

なのでRDAは今世界中で流行っているクラウドチェーサーやトリックに最適なセットアップになります。

RTAとはタンク内にビルドデッキがあるアトマイザー

RTA「RebuildableTankAtomizer(リビルダブル・タンク・アトマイザー)」 の略です。

RTAは一見すると通常のクリアロマイザーに似ていますが、自分でコイルをビルドするRBAタイプです。

 

味にフォーカスするタイプが多いと言われています。

デッキ、タンク、チムニーの3つのパーツから構成されています。

 

デッキにポストがあり金属製のチャンバーキャップで全体が覆われて、リキッドを溜めることができるタンクとなっています。

クリアロマイザーのタンクにRDAのデッキが入っているとイメージするといいでしょう。

 

チャンバーキャップの部分は煙道(チムニー)に直接つながっており、ドリップチップから直にベイプすることができます。

RDAとRTAの違いは「タンク」が有るか無いかです。

タンクのないRDAは毎回ドリッピングしないといけない手間がある分、RTAはその手間がありません。

RDTAとはタンクの上にビルドデッキがあるアトマイザー

RDTA「RebuildableDrippingTankAtomizer(リビルダブル・ドリッピング・タンク・アトマイザー)」の略です。

VAPE歴がそれなりに長いユーザーでもRDTAが何か分からない方も多いと思います。

 

RDTAが一番混乱するところです。

名前はRDAに似ていますが、どちらかというとRTAに近いですね。

 

しばらく前まではRDTAは手動でリキッドをタンクからコイルとウイックへ調整できる「RTA(デッキ、ポスト、チャンバーキャップ、タンク、スプリング調整式クランプ付き)」のことを指していました。

毎回ドリップチップを押すことでリキッドの量を調整できるタイプです。

 

最近になり人気のモデルが数多くリリースされ、新しいスタイルとして再注目されるようになりました。

簡単に説明するとRDAとRTAを足して2で割ったようなRBAです。

 

RDTAの特徴は下記の通りです。

1.通常のRDAと似たようなタイプのリビダブルデッキ
2.リキッドを貯めるタンクの上にリビダブルデッキがある
3.プリメイドのコイルではなくビルドしたコイルを使用する

デッキに通じる穴の空いたタンクがアトマイザー下部にあります。

ウイックをデッキの穴からタンク部分の床面に垂らすようにカットし、リキッドはタンクに垂らしたウィックから重力で浸みこませていくという仕組みです。

RBAとは?RTA、RDTA、RDAの用語解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です