Digiflavor Siren V2 GTA MTL (デジフレーバー・サイレン)プレビュー

どーも!

今回はもうすぐDigiflavorから発売予定のSiren V2 GTA MTLをご紹介しますね。

 

このSiren v2はMTL向けのアトマイザーです。

以前の記事でMouth to Lung (MTL)とDL(direct lung)の違いについて書いたのですが、MTLってなに?って方は下記のリンクからチェックして下さいね。

 

上記の記事でも書きましたが、MTLとは口から肺にミストを吸う方法です。

AspireがNautilusシリーズでMTL向けアトマイザーをヒットさせて以降、様々なメーカーからMTL向けのアトマイザーが発売されています。

まだ新興メーカーであるDigiflavorもSiren GTA MTL AtomizerというMTLタンクを発表しました。

 

そして今回ご紹介のSiren V2 GTA MTL Tank Atomizerは後継モデルなだけに前作を大きく改良した進化版ですので俄然期待が高まりますね。

早速どのような商品なのか見ていきましょう。

スペック:

  • トップフィル方式
  • 3.5 mmボアMTLデルリンドリップチップ
  • 5 mm ワイドボアdelrinドリップチップ
  • ステンレス&ガラス製
  • 容量:4.5ml
  • ツーポストシングルターミナルビルドデッキ
  • デュアルボトムエアフロー

内容品

  • 1 x Siren 2 GTA
  • 1 x グラスチューブ
  • 1 x 510 Delrin ドリップチップ
  • 1 x レンチ
  • 1 x 予備部品
  • 1 x ユーザーマニュアル

 

Siren V2 GTA MTLはその名前の通りMTLユーザー向けのアトマイザーです。

22mmと24mmの2パターンでリリースされるようです。

 

24mmはリキッド容量が4.5mLです。

小さいほうは22mmで容量が2mLのコンパクトタイプです。

 

ビルドしやすい大きめのビルドデッキに、9段階の調節が可能なエアフローが特徴です。

先代のSirenが4段階調整だったので、よりきめ細やかなエアフローの調整ができるようになりました。

 

MTLを楽しむ上で肝となるミストの調整に重点を置き、フレーバーの再現度は非常に高いようです。

先代の商品と同じようにGTAタイプで、ビルドは非常にやりやすいようです。

MTLタイプのアトマイザーが少ない中で、品質に定評のあるDigiflavorからMTLタイプが出るのはフレーバー重視のMTL派には嬉しいニュースですね。

VAPE STEEZでは入荷のたびに売り切れ続出するほど人気です。在庫のあるうちに早めのご購入をオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です