加熱式電子タバコのメリット、デメリットについて

こんにちは。

今回は加熱式電子タバコのメリット、デメリットということで、そもそも加熱式電子タバコとはなにか?

基本的な構造健康被害の有無などを含めて考察していきたいと思います。

メリット

まずは電子タバコのメリットの方からフォーカスを絞って取り上げていきたいと思います。

1.葉巻タバコよりも有害物質が少ない

普通のタバコの有害物質は大きく分けてニコチンとタールと一酸化炭素になります。

その中で人間にタバコを吸いたい欲求を出させるのがニコチンです。

 

タバコの依存度の多くを担っているニコチン成分を自分の脳が欲することで、タバコが吸いたくなるのです。

つまり喫煙者はニコチンが摂取したいがために、他の有害物質を含んだ煙を吸っていることになります。

 

そこで有害物質をカットして健康リスクを抑えつつニコチンだけ摂取できないものかと、考え出されたのが加熱用電子タバコです。

肺がんなどの健康被害はタールによるところが大きいとされています。

 

タールの発生はものが高温で燃焼するときに発生するものなので、加熱式電子タバコの様に低温で電気で温める様なものでは発生しません。

そのため普通の紙巻きタバコと比較して、喫煙時の発生有害物質の90パーセントの削減に成功しています。

2.紙巻きタバコに比べて劇的に臭いや副流煙が出ない

先述した様に、加熱式電子タバコ自体で葉や紙を燃焼させているわけでは無いので、副流煙が普通のタバコと比べてほとんど発生しません。

周囲の非喫煙者からのクレームのほとんどはこの副流煙によるものですので、この利点は加熱式電子タバコの大きなメリットであると言えます。

 

その煙が出ないという特性に伴って、副流煙による臭いの発生も大幅に防ぐことができます。

自分の服や髪の毛、家族や子供への影響も最小限に抑えつつ喫煙を行うことができます。

部屋の壁の黄ばみも防ぐことができるので、寒い冬にわざわざ屋外に出て喫煙をしなくても良くなるのは本当に大きなメリットになり得ると思います。

 

ここまで加熱式電子タバコのメリットを取り上げてきました。

要約すると、従来の紙巻きタバコに比べて健康被害への影響が抑えられている事と、副流煙の減少とそれに伴う臭いの減少ですね。

デメリット

しかし、加熱式電子タバコにもデメリットは存在します。

次はそのデメリットにフォーカスして記述していきたいと思います。

1.初期費用が結構かかる

タバコの本数を減らせることや、節約を目的として加熱式電子タバコの使用を検討されている方のおおくいらっしゃると思いますが、実は加熱式電子タバコは従来の紙巻きタバコと比較してもそれほど経済的に効果があるとは言いにくい状態です。

というのも、加熱式電子タバコのスターターキットの相場は10000円から15000円ほどです。

それに続いて、吸うごとに本数分のカードリッジが必要になりそれがランニングコストになります。

 

依存度を下げることによって喫煙本数を減らせるのであれば節約効果は見込めるのでしょうが、既存の葉巻タバコを吸っていた状態から本数が減らない様であれば節約の効果は薄いと言わざるを得ません。

本体が壊れてしまって、保証の期間が過ぎていればまた買い直しが必要ですし、その辺りの費用も考えておかないと後悔してしまうかもしれません。

2.意外と手間がかかる

本体のクリーニングやバッテーリー式のものも多いので充電が必要です。

その充電の期間中はもちろん喫煙ができませんので、連続して喫煙することが難しいです。

 

クリーニングもこまめにしないと、本体の故障を招くことになるので注意が必要です。

なので、面倒くさがりで極端なヘビースモーカーにはほとんど物足りないことになりがちです。

連続して吸えない上にニコチンの含有量も少ないのですから当然ですね。

 

この辺がデメリットになる様な人にはそもそも加熱式電子たばこは向かないかもしれません。

3.有害物質や煙が皆無なわけでは無い

イメージでは加熱式電子タバコは有害物質がほとんど無い様な気がしてきますが、ニコチン以外の有害物質をカットできているというだけの話で、ニコチンの依存症はしっかり残ります。

なので、本数を意識して減らしていかないと、加熱式電子タバコで依存度を下げることは難しいと言われています。

 

先述した葉巻タバコとの喫煙感の減少と相まって、喫煙の本数自体が増えてしまってはもはや本末転倒であると言えます。

加熱式電子タバコには喫煙の注意書きは書かれていませんが、これはカードリッジと別になっているだけだからの話で、有害物質の含有量は自身の管理で調べていくほかありません。

 

それに、ニコチンはもちろんのこと、タールや一酸化炭素も皆無ではありません。

煙も少ないのは確かですが、タバコの臭いは減少しても加熱式電子タバコ特有の燻製の様な煙の臭いが出るので、それを嫌う方もいらっしゃいます。

 

タバコっぽく無い見た目と最近は随分とスタイリッシュな加熱式電子タバコが増えてきましたので、非喫煙者の方からの参入も増えてきてしまっているという面もデメリットとして記述しておきます。

まとめ

今回は加熱式電子タバコのメリット、デメリット、ということで考察してきましたが、参考になりましたでしょうか?

私自身が加熱式電子タバコに乗り換えた時にはとにかく、精神的に楽になったということが一番でした。

 

やはりこのご時世、喫煙場所を探すこと自体が難しくなっています。

その中で自宅でも周囲の人間に気を使いながら喫煙していたので、その分のストレスがなくなったことが一番の喜びでした。

その感覚は自分に、タバコを吸うこと自体が周りに迷惑をかけている行為だと心の底で思っていたのだということを気づかせてくれました。

 

現在、まだ加熱式電子タバコにお世話になっているのでまだまだ完全に禁煙したとは言えない状況ですが、これから本数も減らしていって本当に禁煙に成功した時に初めて、このストレスから解放されるのだと思いました。

正直、紙巻きのタバコを吸っていた時よりも体調はすこぶる快調ですし、目覚めも良いです。

 

経済的にはあまり変化は感じませんが、健康面で紙巻きタバコを吸い続けることを悩んでいる方には気軽に挑戦してもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です