煙草を禁煙することで起こる離脱症状とは?

 健康のために禁煙を始めても眠気で仕事にならない、集中力が続かない、などの状態が続くと辛いと思います。
しかし何故、禁煙すると何故そのような症状が出るのでしょうか。

今回は禁煙の仕組みや眠気に打ち勝ち、禁煙を継続するための対処法について紹介します。
タバコはいつでもやめられるなんて思ってはいても、いざ禁煙に取り組むと、強い眠気やイライラなどの症状に悩まされ、結局やめられない、という人も多いはずです。

その理由は、タバコに含まれるニコチンの肉体的依存性、喫煙の習慣化による精神的依存性にあります。
では、ニコチンの依存性とはどのようなものなのでしょうか。

 

肉体性依存症

タバコに含まれるニコチンは体内に入ると脳にあるニコチン受容体と結合し、快感を生じさせるドーパミンを放出します。

そのドーパミンによって喫煙者はタバコを吸うと落ち着くという感覚を得ます。

しかし、喫煙後一定時間を過ぎると、体内のニコチンが切れてしまい、それまでとは反対にイライラしたり眠くて怠いというような離脱症状が現れてしまいます。

そして、この症状を解消しようと煙草を吸うという繰り返しによってニコチンへの依存度が高まるので喫煙をやめられなくなってしまいます。

精神的依存症

長年煙草を吸い続けると、タバコを吸うということが常習化し、生活の中に組み込まれるので、禁煙を始めた時に手持ちぶさたになったり、口寂しさを感じたりします。

また、眠くなったり、集中力が低下したりという症状も出ます。
このような精神の中での依存性で禁煙を断念してしまう人も多くいます。

禁煙中に、いつも喫煙していた場面や他人の喫煙シーンに遭遇すると、煙草を吸いたいという欲求が抑えきれなくなってしまったり、煙草を吸えないことで心の支えを失ったように感じるのは、精神的依存の一つです。

また、一度禁煙した人が、ストレスを感じた際に喫煙しまうことがあるのも、そうした理由からだと考えられます。

離脱症状のメカニズム

禁煙を始めて眠くなったりしてしまうのには離脱症状というものがあります。これは俗に言う禁断症状と同じような意味となります。

ニコチンは脳を覚醒させる働きをして脳を覚醒させます。アセチルコリンという物質が脳を覚醒するのですが、この物質は体内で生成される物質です。

ニコチンがあるがために作る必要がないと身体が誤った判断してしまい自分の体内で生成される量が減ってしまいます。そのため、長年の喫煙習慣により、身体的、精神的依存に陥っている人が禁煙に取り組むみ始めると、アセチルコリンが少ない状態でニコチンも減るので、脳からニコチンを催促する信号が送られるのです。

これがイライラや集中力の低下、不安感などの離脱症状を起こします。強い眠気、身体がだるいというのも、離脱症状のひとつです。禁煙を始めると、今までニコチンが入っていた身体の中からニコチンが抜けるので離脱症状を起こしやすくなります。

アセチルコリンが少ない上にニコチンが減ってしまうので脳を覚醒させることが難しくなり、急激に眠気が襲ってしまいます。依存度によっては離脱症状の重度や期間も人それぞれ異なり、依存度が強い人の場合は幻覚などの症状が現れることもあります。

また、眠気やイライラの他にも離脱症状が起こることがあります。主に気分が沈む、落ち着かない、頭痛などの症状が人によって出てしまうことがあるのです。

このような離脱症状は、長年の喫煙の習慣によっていつも喫煙していた時間や状況になった時、他人の喫煙を目にした時などに起こり、喫煙年数が長いほど強く現れてしまう傾向があります。

 

禁煙で起こる離脱症状はどのくらいで収まるのでしょうか。
離脱症状は人によって期間や強さに差があります。
しかし禁煙開始から3日以内にピークを迎え、だいたい1週間、長くても3-4週間でおさまることが多いのです。
これはアセチルコリンの分泌が3〜4週間で改善してくることが多いからです。
禁煙の成功のためには離脱症状が強く現れる禁煙3〜4週間の過ごし方がとても重要です。吸いたくなる気持ちがこの期間にとても強くなります。
その為、離脱症状の対処を十分にして煙草を吸いたくなる気持ちを抑える必要があります。

煙草の覚醒作用とはどのようなものでしょうか。
よく目覚ましに煙草を吸うという人もいます。
ニコチンは本来脳が出すべき物質の代わりをして神経調節作用によって脳の細胞を活性化させて記憶力や事務処理能力、集中力を高める覚醒作用があると言われています。
そのために眠い時に煙草を吸うと、目が覚め頭がすっきりすると感じる人もいます。
しかし、こうした感覚は喫煙を続けニコチン依存症になっている時に起こる覚醒です。
疲れや眠気が、根本から改善されたわけではないのです。
また、喫煙中は本来脳が持う覚醒機能をニコチンに依存していたので血中のニコチンが減少すると脳内伝達物質の調整がうまくいかず、すぐに頭がボーっとしてしまうなどの症状が出ます。
喫煙で目が覚めると感じるのは、一時的な錯覚でしかありません。

禁煙中、あまりの眠気の辛さに一本だけ…と吸ってしまう人も多いですが、その一本が禁煙に大きく関わるのです。
禁煙中に起こる離脱症状であまりの眠気に耐え切れずにタバコを吸ってしまおうとする人もいるかもしれません。しかし、ここで煙草を吸ってしまうと再び煙草が手放せないという状態になってしまいます。
上にも書いたように、ニコチンによる依存は肉体的依存と精神的依存の2つがあります。
体内からニコチンが抜けることで離脱症状も軽くなるような肉体的な依存性と違って何かの拍子に煙草を吸いたいと感じてしまう精神的な依存性は、ずっと心に残り続けます。
眠気に負けて煙草に火をつけてしまうと、抑えられていた精神的な依存性にも火をつけてしまうことになるので絶対にやめましょう。

これまで、禁煙を始めた時に起こる離脱症状について述べてきましたが、今時は喫煙出来ない場所も多いですし、喫煙には健康へのデメリットも多く見られます。
強い離脱症状で眠気やイライラの症状が出ることがありますが、禁煙で得られるものも多いはずです。
なのでこの記事を目にした方には是非、禁煙にチャレンジして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です