電子タバコスターターキット タバコサイズ・ペン型・BOX MODの特徴

VAPEスターターキットには色々なタイプの商品があります。サイズ、形状、性能、機能性など様々な面で違いがあります。どのタイプにもメリット、デメリットがあるので自分のニーズに合うものを選択するのが良いでしょう。

 

タバコサイズ

 

タバコサイズの電子タバコは、購入してすぐに使用出来る手軽さがあります。小さいサイズなので電池容量は少なく、PCCのチャージャーとセットタイプが人気です。
性能面では高機能とは言えず、爆煙を求めるような人には向いていません。

 

メンテンスは必要なくカートリッジを使い切ったら、新しいカートリッジに交換する簡易的なタイプが主流で、すぐにまた電子タバコを楽しむことができます。値段が安くカートリッジ付きのスターターキットでも安いものなら1,000円くらいから購入できます。禁煙する為に電子タバコを購入する入門者向けです。

 

オススメランキング

 

ペン型

 

簡単に電子タバコを始められ、普通のタバコより煙を多く出します。ペン型は安いものなら2,000円前後くらいから購入でき服やシャツのポケットに挟めるサイズの物が多くあり携帯性に優れています。見た目もすっきりとしたものが多く、奇抜でないので職場や喫煙所でも違和感なく使用できます。
バッテリーの持ちは機種によってまちまちです。バッテリーの持ちを気にするならペン型でも電池交換のできるものがオススメです。

 

オススメランキング

 

BOX MOD型

 

電子タバコは、可変電圧を搭載したボックス型のMODが主流になっています。EleafのiStick Pico kitが2016年に大ヒットし一躍時代の主流となり、iStick Picoと同様にコンパクトサイズのBOX MODを各社がこぞって発売しました。

 

BOX MODは、電子制御基板が組み込まれていて、大容量・高出力のものが多いです。温度管理機能がついて爆煙ができるものも多く、高性能で多機能です。コストパフォーマンスがよくて長く使えます。スターターキットと別売りのリキッドを購入すると初心者の方でも本格的な電子タバコライフを楽しめます。

 

オススメランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です