Digiflavor AURA RDA(デジフレーバー・オーラ)レビュー

Digiflavor AURA RDA(デジフレーバー・オーラ)レビュー

どーも!

今回紹介するのは、DIGIFLAVORからリリースされているAura RDAです。

登録者が11万人を超える人気の海外Youtuberチャンネル、DJLsb Vapesのダニエルさんがデザインをしたアトマイザーになっています。

人気Youtuberのダニエルさんは数々の商品を見てきているので、その経験からこだわり仕様のアトマイザーになっているのではないでしょうか。

 

早速レビューしていきたいと思います。

DIGIFLAVOR Aura RDAのパッケージと内容品

 

Digiflavor Aura RDAパッケージ1Digiflavor Aura RDAパッケージ2

シンプルに中も見えるような箱になっているのが好印象です。DIGIFLAVORの箱は毎回シンプルでいいと思います。

 

◎付属品一覧

・Aura RDAアトマイザー本体
・810ドリップチップ
・510変換アダプター
・予備Oリング一式、予備ネジ
・BFピン
・付属コイル
・コイルジグ(2.5mm、3.0mm)各2本
・プラスドライバー

Digiflavor Aura RDA付属品

付属品は以上のものが入っていました。

コイルジグがついていて、デュアルで組むために2本ずつ入っているのはいいですね。

あとはニッパーとコットンがあれば、ビルドできてしまいますね。

 

コイルのほうは3.0mmで組んだスペースドコイルが入っていました。

DIGIFLAVOR Aura RDAのスペック

 

・サイズ:24mm×34mm
・ドリップチップ:810ドリップチップ
・コイル:デュアルコイル
・エアフロー:サイドエアフロー、ボトムエアフロー
・BF対応:○BFピン付属、付替え可能

 

最近流行りのBFピンが付属されているので、付け替えればBF対応のアトマイザーになります。

こだわりを感じるのはエアフローがサイドとボトムの2種あることでしょうか。

エアフロー調整だけでだいぶ味の出方が変わると思います。

DIGIFLAVOR Aura RDAの詳細

 

Digiflavor Aura RDA分解

まず分解してみました。

デッキのプラスねじの頭が大きいので、大きめのプラスドライバーでやらないと回すのが大変そうですね。

付属のドライバーもこの頭に合わせて作ってあります。

Digiflavor Aura RDAデッキ1

デッキはポストが2つです。クランプ形式になっています。

特徴的に感じるのは、ウルテム製のディスクプレートでしょうか。

Digiflavor Aura RDAウルテム

このウルテム製ディスクプレートですがMODをコイル熱から守る役割と、リキッドを多少漏らしてしまった場合にコースターのような役割を果たすためについているようです。

最近のRDAにたまについていることがありますが、まだまだ少数派なので珍しく感じました。

Digiflavor AURA RDAビルド

 

付属のプラスドライバーでねじを緩めビルドしていきます。

24mmアトマイザーなのでビルド範囲は広めですし、大きめのクラプトンコイルをデュアルで組むことを考えているポストもいいですね。

 

またエアフローがサイドとボトムとあるのでビルドの自由度は高いように感じます。

Digiflavor AURA RDAビルド0.28オーム

付属のコイルで組んでみましたが、焼き入れ終了時の抵抗値が0.28Ωでした。

Digiflavor Aura RDA横から

 

ジュースホールは深さが結構あるので、ウィッキングもコットンを少し長めに調整してみます。

ウィッキング中に気付いたのですが、デッキポストにDJL SBの文字が入っていました。では使ってみましょう。

DIGIFLAVOR Aura RDAの使用感

まずはエアフローをサイド、ボトムともに全開で吸ってみます。

スカスカではありませんがドローはかなり軽いですね。

味も普通に出ていますしいい感じです。

 

次はサイドを全閉、ボトムを全開でいってみます。

少し抵抗を感じるドローになりました。

そして味がかなり変化しますね。

サイドエアフロー閉めるだけでここまで変わるのかと驚きです。

 

最後にボトム全閉、サイドを全開にします。

味がまた変わりますね。サイドのほうが甘い気がします。

これだけ変わると自分の好きな調整を探すのが楽しくなります。

DIGIFLAVOR Aura RDAのまとめ

今回使ってみて思ったのは味の変化を感じさせるエアフロー、ビルドの自由度の高さとこだわりの感じるアトマイザーであることです。

味はかなりいいです。爆煙アトマイザーというより味重視アトマイザーでしょうか。

 

細かいエアフロー調整で自分好みの味を探すのも楽しいです。

ビルドも簡単なほうですし使いやすく味も出るアトマイザーであるといえます。

ただしMTL運用には全く向かない仕様ですので、DLでの運用をおすすめします。

 

ちなみにわたくしはサイドエアフローを全閉にし、ボトムエアフローのみで吸うのがおいしくて好きでした。皆さんはどんなセッティングで楽しみますか?

ぜひ使ってみてほしい一品です。

Digiflavor Siren V2 GTA MTL (デジフレーバー・サイレン)プレビュー

2017.09.14

Digiflavor初!RDAアトマイザー「AURA RDA(デジフレーバー・オーラRDA)」公式情報まとめ

2017.09.04
Digiflavor AURA RDA(デジフレーバー・オーラ)レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です